TOPマカオ > 国境の街へ国境の街へ

マカオ市街からわずか15分
国境の街・珠海にいってみましょう


上海から新幹線に乗って90分。中国の七大古都のひとつ「杭州市」へ一日日帰りツアーを使いちょっと足を延ばしてみました。

そこには、近代的なな街と中国らしい観光スポットが沢山!見所でいっぱいです。

今回はツアーの前半に訪れた美しい景勝地「西湖」にスポットをあててご紹介します。

国境の街・珠海

 マカオがかつてポルトガルの植民地だったころ、中国との国境に設けられていた門を横に見ながら進むと、中国本土との国境の街「珠海」に行くことができる。「珠海」は、中国の経済特区に指定され、近年ほかのエリアと同じく目覚ましい発展を続けている。隣の特別行政区マカオとは異なり、中国としての長い歴史を背景に大都市へ成長したこの街は、日本からもキャノンをはじめとする企業が進出し、人口も100万人を超え大都市へ成長した。国家規模で環境保護に取組を行う近代的な街並をみせているが、少し裏道に入れば、まだまだ本物の中国の風景にも出会える、正真正銘の中華人民共和国だ。
 
 発展しているとはいえ、やはり中国であることに変わりはなく物価は激安で、ショッピングやグルメなど思う存分楽しめる。今回紹介した、足ツボマッサージ店も1時間40元(約480円(1元=12円の場合))と破格で本格的なマッサージを受けることができる。

禄安足底按摩中心
珠海市香洲区拱北友谊路46号友谊酒店2楼  地図
0756-8110792

国境の門は現在オブジェになっている国境の門は現在オブジェになっている鄧小平氏が訪れた記念碑鄧小平氏が訪れた記念碑有 酒店にあるマッサージ店「禄安足底按摩中心」有谊酒店にあるマッサージ店「禄安足底按摩中心」
マカオ旅行を予約する