TOP香港 > ビーチ+αのお楽しみツアー 3 淺水灣と天后廟
ビーチ+αのお楽しみツアー 3 淺水灣と天后廟

名作の舞台と運気上昇祈願の浜辺の寺院

今回は、香港の高級リゾート「レパルスベイ」をご紹介します。イギリス統治時代の雰囲気を残した街、そして白い砂浜と美しい海。ハリウッドの名作映画『慕情』の舞台となった香港きってのリゾート地です。


風水を取り入れた建物として有名な「旧レパルスベイホテル(ザ・レパルスベイ)」の目前に広がるビーチは香港で一番人気の美しい浜辺は夏になると多くの海水浴客で賑わいます。

今回の+αは、様々な神様が祭られ色々なご利益があると言われているお寺「天后廟」です。結婚運が上がる神様、渡ると寿命が延びる橋、海の守り神「天后」に観音様が中国風の派手な出で立ちで出迎えてくれます。その中でもオススメは「正財神」、頭のてっぺんから足下を指先でなぞれば金運が上がるそうです。さあ、リゾートビーチ+開運ツアーをご覧下さい。



香港旅行を予約する
レパルスベイ(淺水灣)

「レパルスベイ(淺水灣)」は、セントラルのバスターミナルから20分ほど、香港島の南側に位置する香港で一番人気のビーチだ。11月頃まで海水浴を楽しめるこのビーチは、もともと香港を統治していたイギリス人のために作られた高級リゾート地、あのハリウッドの名作映画『慕情』(1955年 ジェニファー・ジョーンズ、ウイリアム・ホールデン)の舞台として有名なだ。その頃の面影が今でも色濃く残り、三日月型をした入り江には、透明度の高い美しい海と白い砂浜が広がる。その浜辺を囲むようにオーシャンビューの高級マンションが建ち並んでいる。その中には、風水を意識して建てられたレパルスベイのシンボル、大きな穴が目印の「ザ・レパルスベイ」がある。穴の意味は建物の背後の山から「気」を海へ通すためだ。元々ホテルとして建てられた「ザ・レパルスベイ」は、レストランやカフェ、ショップなど、おしゃれな店が並ぶ。その中の「ザ・ヴェランダ」は、本格的なアフタヌーンティが楽しめる人気店だ。
 レパルスベイには、セントラルのバスターミナルから路線バスがある。スタンレー行きの、6X(所要時間25分)、6、6A、66が所要時間30分、快速260だと15分で行ける。それぞれ 浅水湾海灘(Repulse Bay Beach)バス停で下車。地図

淺水灣
天后廟(ティンハウミュウ)

レパルスベイビーチからシープロムナードを10分程歩くと、辺りの雰囲気とはまるで違う、カラフルで中国らしい建物や大きな象が立ち並ぶ中国寺院に辿り着く。香港だけでも同じ名前の「天后廟(ティンハウミュウ)」は100カ所程あると言われているが、ここの「天后廟(ティンハウミュウ)」が一番カラフルで派手なことで有名なスポットだ。海の守り神「天后」が本尊の寺院だが、観音様など縁起の良い神様が多く祀られている。その中の「正財神」の像の、頭のてっぺんから足下を指先でなぞれば一生お金に困らないと言われている。この象は、観音様の階段を下りたところある。ほかに、長寿を願って渡る橋や縁結びの神などなどカラフルで頼もしい神様が集まる不思議な場所だ。地図

天后廟