TOP香港 > 香港の交通機関
香港の交通機関
香港の交通機関を大特集!

国際都市香港は世界中から人々が集まってきます。交通網も整備されたとても便利な街。
その表玄関、香港国際空港から市内へのアクセス手段「エアポートエクスプレス」をはじめ、
使いこなせば効率的に旅をエンジョイできる交通機関のご紹介をします。
しかもご紹介する交通機関に乗るだけで、観光気分が味わえちゃいますよ、乗らなきゃソンソン!

まずはエアポートエクスプレスで九龍へ向かいます。わずか20分の超快適超特急。
九龍で降りたらこれまた便利でお得なシャトルバスを利用。主要ホテルを巡回していて料金が無料!
そして地下鉄MTR。九龍サイドも香港島北部もほぼ網羅していてこれを使えばたいていの観光地に行けちゃいます。
もちろん、ランタオ島のディズニーランドにも!
さらに地上を走る鉄道。尖沙咀の東側・尖東駅から中国本土の境界までMTR東鐵線に乗ってみましょう!その先にはあの街があります。
さて、市内の交通機関としては地下鉄と並ぶ便利な乗り物、タクシー。料金がとってもリーズナブル。でも英語は…通じないことが多いので中国語の表示のついたガイドブックなどを持って乗るのをお勧めします。
そしてこれまた観光気分満点のスターフェリー。急がない旅なら一度は乗ってみてください。
こちらは純粋観光路線のピークトラム。これに乗ってビクトリアピークまで行き、香港の街を見下ろしてください。素晴らしい眺望ですよ。

香港旅行を予約する

エアポート・エクスプレス(MTR機場快線)
空港と市街35.3Kmを約24分で結ぶ急行列車。
香港国際空港から市内へのアクセスには、空港〜香港間を約24 分で結ぶエアポート・エクスプレスが便利でおすすめ。12分間隔で運行するこのエクスプレスは、博覧会駅を始発に、機場(香港国際空港)駅、青衣駅、九龍駅、香港駅を結ぶ快適な急行列車だ。終点の香港駅から地下鉄に乗り換えれば九龍や香港島の各エリアへの敏速な移動が可能。また、九龍駅と香港駅からは無料のシャトルバスが早朝の6時過ぎから夜は23時10分まで12〜24分間隔で運行し、主要なホテルまでの便利な足として利用できる。空港から各駅までの所要時間と料金は、青衣駅まで12分(大人HK$60)、九龍駅まで21分(大人HK$90)、香港駅まで24分(HK$100)。エアポート・エキスプレスの乗車券と地下鉄(MTR)が3日間乗り放題になるエアポート・エキスプレス・トラベル・パスもある。(片道1回乗車分付がHK$220、片道2回乗車分付がHK$300、料金には保証金HK$50が含まれる。この保証金はカード返却時に払い戻しできる)。

MTR 駅 地図
MTR(エアポート・エキスプレス、地下鉄) 2881-8888【英語 24時間受付】
エアポート・エキスプレスのホームページ(英語)
エアポート・エキスプレス、MTR路線図(PDF)※提供:香港政府観光局


エアポート・エクスプレス(MTR機場快線)
地下鉄(MTR香港鐵路)
香港の街を縦横に結ぶ、快適な交通機関。
香港を早く快適に移動するのに便利な乗り物は、なんと言っても地下鉄。乗り方は簡単で日本と同じように路線図が書いてある券売機で切符を購入する。買い方は、まず目的の駅のボタンを押し表示された金額を入れる、するとプラッスチックのカード型チケットが購入できる。改札はすべて自動改札で近代的、車内は清潔でとても快適。地下鉄を利用すれば、当然タクシーのような渋滞はなく香港島と九龍半島を約5分程で移動できる。上手に利用すれば観光にもショッピングにもとてもGood!この地下鉄を利用するには、「八逹通(オクトパスカード)」がおすすめ。この利用料金が割引になる「八逹通(オクトパスカード)」は、日本の電車でもおなじみのIC型乗車券と同じプリペイド式、いちいち切符を買わずに乗ることが出来る。

MTR 駅 地図
MTR(エアポート・エキスプレス、地下鉄) 2881-8888【英語 24時間受付】
MTRのホームページ(英語)
エアポート・エキスプレス、MTR路線図(PDF)※提供:香港政府観光局

エアポート・エクスプレス(MTR機場快線)
東鐵線(MTR East Rail : 旧KCR)
香港と中国本土をつなぐ鉄道路線。
九龍の「尖東」と中国本土の入口の駅「羅湖」を約45分程で結ぶ、中国に入国するための鉄道「東鐵線」。その終着駅の先には、高層ビルの建設ラシュに湧く経済特区「深せん」の街が広がる。この深せんの入口までの利用料金(尖東〜羅湖間)は、2等がHK$36.5、1等がHK$73。

MTR 駅 地図
MTR(エアポート・エキスプレス、地下鉄) 2881-8888【英語 24時間受付】
MTRのホームページ(英語)

東鐵線(MTR East Rail : 旧KCR)
タクシー(的士)
香港の街中の移動に最適な乗り物「タクシー」は料金も比較的安く便利な交通機関のひとつ。初乗り料金は、九龍および香港島地区ではHK$15、以降200mでHK$1.4が加算される。香港島←→九龍の移動にタクシーを利用する場合は、海底トンネルの往復利用料(3〜 50HK$)が料金に加算され、荷物がある場合には1個に付きHK$5が加算される。また、HK$1以下は切り上げて支払うのが習慣だ。タクシーに乗るなら目的地を中国語で書いたものを用意しておき運転手にそれをみせるのが賢明。また、香港のタクシーは色によって営業エリアが決まっている。赤色がほぼ香港全域(トンチョン・ロード、ランタオ島南部を除く)緑色が 新界、青色はランタオ島のみ。空港で九龍エリアへ行くなら赤色のタクシーに乗ろう。(※香港国際空港へは営業エリアに関わらず、全てのタクシーで行くことができる。)
街でタクシーを拾う場合、止める場所に注意が必要だ。道路にイエローラインが引いてあるところは停車禁止エリアなので乗車/下車することができない。だから手を上げてもタクシーは止まってくれない。確実な方法は、ホテルのタクシー乗り場を利用すること。


タクシー
スターフェリー
香港の眺めが堪能できるショートクルーズ。
香港のビクトリー湾には多数のフェリーが浮かぶ。香港島、九龍、周辺諸島、マカオ、中国本土を各種の航路がつないでいる。最も有名なのは、香港の観光名所の一つに上げられる「スターフェリー」だ。この110年の歴史をもつフェリーは、4つの路線で九龍半島と香港島を結ぶ。その中でも、尖沙咀〜中環を4〜5分で結ぶ航路がもっともスターフェリーらしくおすすめだ。料金は、1等(2階席)がHK$2.2、2等(1階席)ならわずかHK$1.7ドルとリーズナブル(※オクトパスカード利用可)。守り続けられてきた簡素な風情の船体でビクトリア・ハーバーを渡るショートクルーズ、心に残る美しい景観を堪能できるこの船旅を楽しもう。

スターフェリー ターミナル 地図
スターフェリー 2367-7065【英語 24時間受付】
スターフェリーのホームページ(英語)

スターフェリー
ピークトラム
100万ドルの夜景を見に行くならピークトラムがおすすめ。
香港を代表する景色といえばビクトリア・ピークからの高層ビルの眺め。そのピークに向かう途中の壮観な景色を堪能できるのが急な傾斜をゆっくり登るピークトラム。歴史あるこのスイス製のケーブルカーは1888 年に開通して以来高い人気を誇る。セントラルの麓駅とピークまでの約1.4km標高差373mを一気に8分で登る、ドラマチックな体験が出来るピークトラムは、ビクトリア・ピークへのお勧めの行き方だ。運賃は片道HK$20、往復ならHK$30。オクトパスカードも利用できる。
ピークトラム
トラム
香港を象徴する走る風景「2階建てトラム」。
1904年の開通以来、香港の東西をずっと同じ路線でガタゴトと揺れながら走る2階建てのトラムは、香港を象徴する風景のひとつ。単に移動手段として安くて便利というだけではなく、賑やかな街中を縫うようにして走るトラムの2階席からは素晴らしい眺めが楽しめる。おすすめの席は2階の一番前だ。運行時間は早朝から深夜まで。運賃は一律HK$2(65歳以上の年長者または12歳以下の子供はHK$1)でオクトパスカードも利用可、ただお釣は返してもらえない。乗車は後部からで降りるときは前から、下車する際に運賃を払う。


トラム
写真提供/香港政府観光局