TOP香港 > ウォーターフロントで香港映画史に触れる
アベニュー・オブ・スターズ
映画の街・香港の名所。
「アベニュー・オブ・スターズ」

九龍のシンボル、時計塔から海沿いに歩くと映画の街・香港のフィルムアワードのトロフィーをモチーフにした大きなオブジェが現れます。

ここから始まる板敷きの遊歩道を進むと、ところどころに、ハリウッドのチャイニーズシアター前を彷佛させるような映画スターの手形やサインが埋め込まれています。晴れた休日には、大勢の人で溢れかえる、この「アベニュー・オブ・スターズ」は香港映画に貢献した人々を讃えるモニュメント。夜は乳白色のライトに照らされて、ムードたっぷりの遊歩道となります。香港の夜景をバックに記念写真を撮るには最高の場所です。

香港旅行を予約する

星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)
ウォーターフロントで香港映画史に触れる

九龍の南端、ビクトリアハーバーを望むウォーターフロントに、全長約1kmに渡り伸びるプロムナード。太陽が沈み夜ともなれば、光に満ちた香港島の夜景が眩いばかりに輝き出し辺りを照らす。汽笛の中、湾を走るスターフェリー越しに見るその風景こそ香港そのもの。眺めるだけで異国情緒たっぷりのロマンティックな時が過ぎてゆく。ここは、香港の夜景を見るためのベストスポット。このプロムナードの西、香港美術館側の約440mに、香港映画界に貢献した映画人を讃えるために誕生した「星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)」がある。

この「アベニュー・オブ・スターズ」には、香港映画界に燦然と輝くスター73人(平成19年現在)の手形やサインを模ったプレートや香港映画100年の歴史を時代毎にたどる9つのマイルストーンや、6mもある美しい女性の姿をした香港フィルムアワードの受賞像などが置かれている。手形のプレートは、日本でも人気のある俳優が名を連ね、映画ファンにはたまらないスポットだ。中でも、ジャッキー・チェン、ジェット・リー、アンディ・ラウなどは超人気で、多くのファンがその手形に触れるために少し汚れ気味だ。最近日本のTVで放映された、グルメドラマのスペシャルでは、ここにあるブルース・リーの銅像が登場した。

左:ブルース・リーの銅像、中央:ジャッキー・チェン、右:香港フィルムアワードの受賞像

展示されるスターのリスト:
ブルース・リー、サモハン・キン・ポー、チョウ・ユンファ、ジャッキー・チェン、レスリー・チャン、ジェット・リー、トニー・レオン、アンディ・ラウ、マギー・チャン、アニタ・ムイ、ミシェル・ヨー、チャウ・シンチー、ウォン・カーウァイほか 計73人
香港政府観光局 記念プレートの配置図(GIF画像:168kb

アベニュー・オブ・スターズ

「アベニュー・オブ・スターズ」は、数ある香港の観光名所の中でも、フォトスポットとしても有名だ。ハーバー越しのこれぞ香港と言う風景は、ぜひ一枚残したい。もちろん、アベニューにあるスターの手形に自分の手を乗せたお約束の一枚もお忘れなく。一番人気はジャッキーチェンの手形。ただし陽が落ちると、夜景を楽しむために明かりが落とされ暗いので、スターの手形は昼間に見よう。

アベニュー・オブ・スターズ地図
アクセス&データ

[施設内容]

著名スターの手形とサインが入った記念プレートの陳列
香港映画100年の歴史を時代ごとにたどる9つのマイルストーン
6mの香港フィルムアワード像
著名人によるメッセージビデオの放映
映画関連グッズのショップ、憩いの施設、等

地下鉄チムサーチョイ駅下車 5分