TOPハワイ > オアフ フォトスポット
オアフ フォトスポット
見どころ満載のオアフ。
記念写真の外せないポイントがいっぱい。

ハワイ初心者もそうでない人もとりあえず旅の記念に1枚、写真撮ってください、こんな場所で。
今回の特集はオアフ島の記念写真定番スポットをご紹介します。

ワイキキのシンボル、デューク・カハナモク像。そしてハワイ建国の父、カメハメハ大王像。ホノルル港のシンボル、アロハタワー。
こちらは穴場スポット。アラモアナビーチパークからダイヤモンドヘッドをバックに写真を撮ると、ダイヤモンドヘッドのサイズが
調度良くフレームに収まります。椰子の木もキレイに入れ込むことが可能、地元の人がよく知るベストビューポイントだそうです。
そしてご存知ワイキキビーチ。ここはどこを撮っても画になります。

意外に忘れがちなのがカラカウアアベニュー。何度も通るのでつい忘れてしまいますが、こちらも画になる景色がたくさんあります。
また、これもハワイならではの景色。アラ・ワイ運河。映像ではあいにく曇天ですが晴れた日には山すそもくっきり見えて、
カヌーの練習をしているロコがいたり、なかなか楽しい景色が見られます。
公園の多い土地、オアフにあって最大級のカピオラニ公園もビューポイント。
最後に「気になる木」をご紹介しましょう。フリーウェイのH1で空港を過ぎたあたりで道路右の標識を見逃さないで。
曲がったところに「気になる木」がどっしりと根を張る「モアナルア・ガーデン」があります。

旅行の予約はH.I.S

デューク・カハナモク像
見どころ
ワイキキビーチの一等地に、サーフボードを背にして立つハワイの英雄「デューク・カハナモク」。伝説のサーファーとして多くの人々を魅了した彼は、水泳の名選手としてオリンピックでも活躍し、1912年ストックホルム五輪に出場、100m自由形で見事金メダルを獲得した。その後のオリンピックでも数々の記録を残してたハワイの英雄だ。
MAP
デューク・カハナモク像
写真提供:ハワイ州観光局
カメハメハ大王像
見どころ
ハワイの旧裁判所の正面に、金色に輝く衣装を身に着けて立つカメハメハ1世。ハワイ諸島統一を成し遂げたこの偉大な大王の像は、キャプテンクックのハワイ発見100周年を記念して、1883年に建てられたもの。6月のカメハメハデーには、色とりどりのレイが大王像を覆う。
MAP
カメハメハ大王像
アロハタワー
見どころ
航空機時代が到来する以前、ホノルル湾に外国船の姿が汽笛とともに現れるとハワイアンドバンドの音楽とともに、多くの人々を出迎えたアロハタワー。まさにハワイの玄関口のランドマークとして、実に賑やかだったという。一時はひっそりとしてしまったが、近年は新しいショッピングモールもオープンして再び賑わいを取り戻した。
住所 Pier 9, Honolulu Harbor, Honolulu
MAP
アロハタワー
ダイヤモンドヘッド
見どころ
ワイキキにいれば、どこからもその特徴ある姿が眺められる、ハワイのシンボル「ダイヤモンドヘッド」。火山の噴火によって現れたこのクレーターには、ハイキング感覚で登頂も出来る。232Mの頂上から眺めるワイキキの展望はなかなかだ。
MAP
ダイヤモンドヘッドダイヤモンドヘッドからワイキキを望む
写真提供:ハワイ州観光局
ワイキキビーチ
見どころ
ハワイと言えばすぐに思い浮かべるのがこの浜辺の景色。足元には白い砂、見上げれば紺碧の空にパームツリーが揺れ、彼方に見える水平線、そして海はどこまでも青い。サーフボードを抱えたサーファーが闊歩する浜辺は三日月形で約2KM続く。この白い砂浜はまさに南国ハワイの象徴だ。
MAP
ワイキキビーチ
モアナルア・ガーデンパーク
見どころ
日本のTV-CMで有名になった、大きな傘を広げたような木があるのが「モアナルア・ガーデンパーク」。ワイキキから車で約20分ほどの場所にある大きな公園で、そこに点在する樹齢100年を超える巨木のひとつが有名なコマーシャルの木だ。この木、モンキーポッドと言うマメ科の植物で、熱帯地方に広く分布し、20~30センチもある豆のような実をつける。高さ25メートル直径最大40メートル余りあるこの木、見上げればその大きさに圧倒される。
住所 2850 Moanalua Road, Honolulu, HI 96819
ワイキキからは車で約30分。H-1ウェスト経由で78フリーウェイに入り、3番出口のPuuloa Roadで降りる
電話 833-1944
開園時間:7:30~18:00(日没まで) 入場無料
MAP
日立の木日本ではCMでおなじみ、モンキー・ポッドの大木
写真提供:ハワイ州観光局
カラカウア大通り
見どころ
言わずと知れたワイキキのメインストリート。通りの直ぐ脇は、ワイキキ・ビーチ、有名ホテルにショッピングモール、数々のレストラン、観光地独特の土産店などが並ぶ。いつも賑やかなこの通り、夕暮れになると海側にあるトーチが点火され南国の夜を演出する。
MAP
カラカウア大通り写真提供:ハワイ州観光局
アラワイ運河
見どころ
ワイキキの北側を流れるこの運河は、ワイキキの浜辺とともに生まれた人口の河。そもそもは山側から流れてくる水を海へ逃がすことを目的に作られた。運河の両側には緑が広がり朝夕のウオーキングやジョギングにおすすめの場所だ。
MAP
アラワイ運河
写真提供:ハワイ州観光局
カピオラニ公園
見どころ
ワイキキビーチの東側にある、地元ロコに愛されている大きな公園。約500エーカーの広大な敷地の中には毎週イベントが行われる野外音楽堂やテニスコートのほか、ホノルル動物園やワイキキ水族館などの施設揃い訪れる人々に憩いの場を提供している。この公園の名前は、寄贈したカラカウア王の王妃「カピオラニ」の名が付けられている、公園内にはその王妃を記念した像が建てられている。
住所 151Lapahulu Ave.
MAP
カピオラニ公園写真提供:ハワイ州観光局
バックナンバー
サーフィンパラダイス
サーフィンパラダイス
サウスショア、ノースショアの人気サーフスポットを紹介
オアフ フォトスポット
オアフ フォトスポット
どこまでも続く青い海と白い砂浜
おすすめラジオ局
おすすめラジオ局
ハワイの地元ロコに人気のラジオ局を紹介!
オアフ島 パワースポット巡り
オアフ島 パワースポット巡り
今注目の「パワー・スポット」を紹介
ハワイ ロコガールと海
ハワイ ロコガールと海
どんなときに、どんなビーチに行くの?
カラカウア・アベニュー #2
カラカウア・アベニュー #2
ハイアットリージェンシー〜ティディーズビガーバーガー
カラカウア・アベニュー #4
カラカウア・アベニュー #4
アウトリガーオンザビーチ〜エッグスン・シングス
ハワイ伝統の宴「ルアウ」
ハワイ伝統の宴「ルアウ」
ルアウはやっぱりハワイ島で体験しなくちゃ!
ボルケーノツアー 1
ボルケーノツアー 1
ハワイ島の活火山
世界遺産のキラウエアへ!
<その1>
ハレアカラ サンセット&星空観測
ハレアカラ サンセット&星空観測
雄大な景色を目指して山頂までドライブ!マウイ島・カフルイから出発します。
トロリーでどこ行こ? 2
トロリーでどこ行こ? 2
便利な交通手段を乗りこなそう!アラモアナ、ダウンタウン方面の巻
古き良きローカルタウン「ヒロ」
古き良きローカルタウン「ヒロ」
ハワイ島の古き良き姿を残すローカルタウン
Ahu'ena Heiau
Ahu'ena Heiau
ハワイの聖地 キング・カメハメハが亡くなるまで暮らした家
極上サンセット
極上サンセット
これぞハワイ!ワイキキの浜辺で極上サンセット
癒しの海
癒しの海
静かな時を過ごせるオアフ島のベストビーチを紹介
ノースショアに行ってみよう
ノースショアに行ってみよう
貴重なネイチャー体験も。楽しみ盛りだくさんの半日ツアー
マカプウポイントトレイル
マカプウポイントトレイル
トレッキングもハワイの魅力の一つ。見られるのは「絶景」だけじゃない!?
カラカウア・アベニュー #1
カラカウア・アベニュー #1
ラグジュアリー・ロウ・アット2100〜シェラトンカイウラニ
カラカウア・アベニュー #3
カラカウア・アベニュー #3
サウスショア、ノースショアの人気サーフスポットを紹介!
コナ・コーヒー
コナ・コーヒー
見学できる世界三大コーヒーの農園へ遊びに行ってみましょう
アリイドライブ
アリイドライブ
カイルア・コアの中心を歩いてみましょう
ボルケーノツアー 2
ボルケーノツアー 2
ハワイ島の活火山
世界遺産のキラウエアへ!
<その2>
トロリーでどこ行こ? 1
トロリーでどこ行こ? 1
便利な交通手段を乗りこなそう!ダイヤモンドヘッド方面の巻
ハプナビーチ
ハプナビーチ
ハワイ島のはしゃげるビーチ
ハワイ島の地上絵・プアコペトログリフ
ハワイ島の地上絵・プアコペトログリフ
不思議なパワースポットで古代のメッセージに触れてみよう!